アイヌへの旅②〜平取町立二風谷アイヌ文化博物館〜

今日は朝から車で二風谷へ。車のナビでは2時間くらいのかかる予定だったけど1時間で到着。Googleの方が実測に近いのはいつも感心するところ。二風谷は海岸線から結構奥まっているけれど、標高はそれほど高くなくまた谷も浅い。 漁労中心のアイヌにとっては、川の幸に恵まれた住みやすい所だったのだろう。二風谷のアイヌ文化博物館は小学生の社会見学で大にぎわい。与えられた課題をこなすため会館内を飛び回っていた。二風谷の様々な資料は、この土地に生まれ育ち、後に国会議員にもなった萱野茂の尽力により集められたものである。また、ハイランドの出身でイギリスとの併合で母国語を失った国で生まれたニール・ゴードン・マンローの存在も忘れられない。彼の尽力で失われてゆく民族の貴重な記録映像や著作が残され、海外でもアイヌをが知られるところとなった。売店に行ったら大層立派なトンコリがあった。Fender USA と同レベルのお値段は少々悩むところ。そのうち予算が有ったら・・・

今日の二風谷は少々寒く早めに撤退。

今も館内のDVDで見た”鳥になりたい”という女性が歌う歌が重く心にのし掛かっている。
また来よう。

【公式】平取町立二風谷アイヌ文化博物館のホームページ 

アイヌへの旅①〜白老アイヌ民族博物館〜

今日は千歳空港からレンタカーで白老に直行して、アイヌ民族博物館を観覧しました。さすがに平日なのでお客さんは少なかったけれど、韓国のツアー客や高校生の修学旅行が訪れていたよう。
チセ(アイヌも民家)では歌や踊りのパフォーマンスをやっていたようだけれど、入り口に”貸切”と書いてあったので、窓から覗いて暫く見ていた。だけどちょっとバツが悪くなって退散。暫くしてもう一度通って見たら、空になった室内に普通に案内された。後で調べて見たら定時で行われている出し物だった事が判明。白老アイヌの歌や踊りは、ちょっと前に見たマンローの映像(二風谷で収録したもの)とも雰囲気が違う様な気もする(時代も違うのだが・・)。
売店で売っているトンコリについて大きさの違うものとかオーダーは出来ないのか?とか尋ねたら「う〜ん、今、館長、忙しいですからねぇ。ある物しか無いんですよね。」と、ここの館長の手作りとのこと。その他、諸々売店の方と立ち話。売店には市場から消えている様な資料も売っていて、いろいろ買っていきたいのだけど、予算の関係上、本一冊とムックリ三個で我慢。ポロトコタンの波音が、静かに音楽を奏でているみたいで美しかった。次回来るときは録音機も持ってこよう。

アイヌ民族博物館(白老)

済州島でバカンス

韓国の済州島にバカンス行ってきました。済州島のバカンスは今年で3年目。どんなとこだろうね?など少々訝りながら行った初回だったのですが、美しい海と風景、清浄な空気と水に甚く心を打たれ、済州島旅行は毎年夏の外せない予定となりました。済州島は意外にも日本人旅行客が少なく、ホテルでも日本人に殆ど遭いません。そのせいか、ホテルで日本語が通じない(韓国語か英語か中国語は皆さん話せるようですが)ので、ソウルなどとは違って、少々不便な時も有りますが、まぁ、その分、海外旅行気分は倍増します・・かね。

部屋からの眺め(ホテル側)

宿泊したロッテホテル済州には宿泊客用のビーチやプールも有るせいか、子供連れの韓国人旅行客や、カップルが目立ちます。プルーサイドでパッピンスを食するのもオツなものですが、写真のメロンビングスは w35000(3200円位)もするので、完全に経済観念は払拭した状態で頼みましょう(笑)

メロンビングス
 済州島の料理は美味しい事は美味しいのですが、基本的に本土とは異なる歴史を持った島なので、本土と同じ洗練さを期待するのはこくかもしれません(ある意味、田舎の味という感じがします)。むしろ、捕れたての海産物や農産物の新鮮さを味わうとか、そういう楽しみ方になるでしょう。済州島の有名な海産物はアワビなのですが、このアワビも、済州島産はプレミア商品なので相当高いらしく、高級店などに回ってしまうようで、不通のお店で出て来るようなアワビは半島の南西岸あたりで採れるアワビらしいそうです。写真はアワビのトッペギ(土鍋)–アワビ5個入り–ですが、国内産・・と書いて有りましたので、多分、済州産では無いですね。

トムジャン食堂
アワビのトッペギ
 このお店は、ホテルから電話をしてもらうと、お迎えにきてくれるので大変便利です。
帰りもホテルまで送ってくれるのですが、過去2回ほど(今回を入れて)、従業員の帰宅と同じ時間になって(要するに閉店まで居たという事ですが)、従業員用バンに詰め込まれてホテルに帰った事が有りました(今回はマイクロバスで一緒に帰りましたが・・)、従業員方達は、本当に明るい方達ばかりのようで、帰りのバスは宴会の帰りの楽しい雰囲気でした(笑)
トンベコギ

済州島は豚も有名なので、今回はトンベコギ(まな板豚)に挑戦しようと思って、事前に調べたお店にホテルから予約を入れてもらった所、当日はお休みの日だったらしく、お目当てのお店には行けませんでした。残念。

チョンジッコル食堂천짓골식당

上の写真はトムジャン食堂で食べたトンベコギです。
 今回はあまり観光はしなかったのですが(外に出ると暑いですしね)、ホテルでゆっくりしたりプルールで泳いだりと、3年目にしてやっとバカンスらしい旅になったかもしれません。上の写真は、西帰浦市にある正房瀑布(정방폭포)。今回、唯一観光した場所です。(ホテルからリムジンバスで30分位ですかね–バス停からちょっと歩きます)
 
最近、仕事場の同僚がこの島で研究をしている関係で、現地の人かのディープな情報を聞く機会があるのですが、この滝も現地にとっては曰くのある滝で、決して喜んで観光に来るような場所ではないようです。気になる方は、戦後の済州島の歴史を紐解いてみて下さい・・・。
 
さて、済州島から英気をもらって、元気いっぱいになりましたが、来年は何処へバカンスへ行こうかな?
 
 

韓国旅行とWifi

もう何度も韓国へは旅行に行っている私ですが、韓国のWifi事情も少々変化してきているので(値段、通信規格も含めて)、ここいらで備忘録的にちょっとまとめておこうと思います。
以前はそんなにたくさんの業者がやっていた訳ではないので選択肢が限られていたのですが、よく使っていたのは グローバルデータ  まぁ、値段的にも一番安く、ソウルなんかの都心での繋がり具合は良かったので、結構使わせてもらいましたが、一度、うちの奥さんが単身韓国に行った時に借りて行ったら、全然繋がらなかった(機械の故障?)という事があって、それ以来、借りるのを止めてしまいました。その後、情報漏洩とかで色々問題になっていた会社ではありますが・・・。
その後、借りてたのは金浦空港の到着ロビーにカウンターがある、現地の業者。ウォン払いで、日本で契約するより安かった記憶が有るのですが、今検索したら上手く見つからなかったです。若い社長らしき人が、潔癖症(?)なのか返した機器を一生懸命磨いていたのが印象的でした。(対応は丁寧でとても印象が良い会社でしたが)。こちらもWimaxだったはず。
前回行った時に借りたのは、韓国DATAのWiBro という機種。4Gとなっているので3G互換なのかと思って借りたら、Wimax互換規格のようで、ちょっと田舎な場所なんかでは繋がらないという事が有りました。もう1つ借りて行ったのがプリペイドSIM。私はSIMロックのかかっていない3G Wifiを1つ持っているので(Fuawei E585)それに入れて使ってみました。北朝鮮との国境付近まで行くのに3Gの方が良いかな?と思って借りたのですが、ネットに写真をバシバシ上げていたらプリペイド分(2000円分の通話・通信料金)はあっという間に無くなってしまいました。安く上がるかと思っていたら、結局、高上がりだったという話。このプリペイドSIMは通話にも通信にも使えるのでSIMロックのかかっていない携帯を持っている人で、現地であまり使わないかもしれないけれど必要だという人には良いかもしれません。有効期間は360日だったと思います。
さて、次回行く時にはどれを借りようか悩ましい所なのですが、Global wifi  は3G、4GLTEに対応している機器をレンタルしているようなのでこれあたりが最強か・・と思たりするのですがどうなんでしょう?あるいはソウル市内だと、Wifiスポット(有料)が多くなって来ているので、レンタル機器を使わなくても、コンビニでWifiのプリペイドカードを買うというのも安上がりかもしれません。(3300ウォン)。ソウルWifi事情2013(参考)

まぁ、田舎に行くなら3G通信可能なWifi、ソウルの都心しか行かないならWimax、そんなに使わないならWifiプリペイドっていうとこですかね。

以上。