マクベス シアターカンパニー カクシンハン第10回公演

マクベス シアターカンパニーカクシンハン第10回公演
東京芸術劇場シアターウエスト 1月28日
作:W.シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:木村龍之介

とりあえずマクベスを見に行こうと考えて選んだ公演。カクシンハンという劇団がどういう劇団かも知らずに見に行ったので、劇が始まってからいろいろ驚くことになった。通常観る舞台とは大いに勝手が違ったので記憶も少々曖昧だけれど・・。舞台は背景に映像を映す以外には大道具は無く、使っていたのはパイプ椅子とパイプ椅子をしまう台車、白い布、ゴミ袋等。このパイプ椅子を剣と見立てたり、役者が並べて壁にしたり、パイプ椅子をしまう台車が玉座になったりと、お金のない劇団の発想は凄い。パンフレットを見たら、マクベスがオリンピックで連戦連勝だったら、みたいな妄想を絡めた演出のようだが、何かを志向している演出というよりは、ノイズをどかどか投入して舞台を活性化させているような生きの良い演出。戦勝祝いの宴で、兵士たちが自分でコンビニでお菓子とドリンクを買って来て祝うとか、マクベスの殺したヴァンクォーの亡霊(女子高生姿)が現れる度に、某コンビニチェーンの入店音が鳴ったりするのはシェイクスピアの台詞のテイストとちょっと違うんじゃないか?と思ったけど妙に面白かったりする。現代の東京とシェイクスピアのセリフの持つ時代感が微妙にオーバーラップして独自の空気感を作り出しているのが良い。最後の方で(マクベスが軍旗を上げる場面(?))で、舞台背景に日本国旗が唐突に映し出され、強烈な印象を与える。そして、日本国旗を背景にして死んだマクベスとマクベス夫人が、取りかこむ魔女たちが足をバタバタさせる動きで、実は私たちは俯瞰で見ているのだと気付く頃、あの赤が彼らの流した血に見えてきたりするから不思議だ。そういえば、この劇の最初の方で、役者さんの台詞に合わせて指を唇に持って行く仕草をさせられた時、実は私たち観客は魔女としてこの舞台を見ていることになったのだと気付く。そして欲望に憑かれて無残に死んでいったマクベスと夫人を私たちは空から魔女たちと一緒に見て終わる。一見、ドタバタの演出のようにもみえるけど実は何か深いものもありそうな独特の演出で面白い舞台だと思った。主演の河内大和(マクベス)、真似見(マクベス夫人)の実力派の役者さんも力が入った演技で良かった。舞台下や観客席も縦横無尽に使う演出も面白かった。

http://kakushinhan.org/works#macbeth