オザワフェスティバルオーケストラ公演  マーラー 交響曲第2番「復活」

オザワフェスティバルオーケストラ公演 2016年8月21日(日)
マーラー 交響曲第2番「復活」
指揮:ファビオ・ルイージ
オーケストラ:サイトウキネンオーケストラ
ソプラノ:三宅理恵
アルト:藤村実穂子
合唱:OMF合唱団、東京オペラシンガーズ

 本年度のオザワフェスティバル、サイトウキネンオケによるオペラ公演は無くなってしまったというのが少々残念なところ。小澤征爾氏自身の体調面の不安も抱え、今年は本当に振れるのか?というところも気になったところですが、その中で唯一気炎を吐いているのがフアビオ・ルイージとサイトウキネンオケのコンビ。昨年のマーラーの5番は、超絶技巧のオーケストラと熱意あふれる指揮者が化学反応おこした結果、両者の能力の限界ギリギリのところでの演奏を聴かせてくれたのが記憶に新しいところ。その流れで、今年のマーラーの「復活」もおのずから期待が高まるところでした。今年、取れた席は2階席の最後方。意外にもよく聴こえる席。昨年聴いた席は1階の後方で、奥まった弦パートがあまり聴こえない印象だったのですが、ここは見事に各パートの音がクリアに聴こえる席。良い席が当たりました。演奏は、ファビオは今年も攻めの音楽づくりかと思ったら今年はちょっと違ってて面白かった。音楽が一気に燃え上がるところは昨年と同じだけれど、今年は弦がよく歌うのと同時に、弱音の美しさが際立っていた。勿論、弦のユニゾンなどのffも強力だけど(1楽章の展開部、Es durの動機が何と力強く鳴ることか!)。管楽器のソロは美しく、金管も強烈に鳴る。なんとも贅沢な表現がてんこ盛りの1楽章。2楽章はレントラー風リズムを強調して上品な舞曲仕上げ。ここでも弦がよく歌い、ルバートやポルタメントを上品い使いながら極上の美しさ。2楽章と3楽章の間にソリストと合唱が入場で少々間が空く(ちなみに1、2楽章で5分以上空けるというマーラーの指示は今回短めに済ませていた)。体調不良のクリスティーン・コーギーに代わって歌ったアルトの藤村実穂子が素晴らしいかった。オケが鳴っていようが合唱が歌っていようが彼女の声はとてもよく響く。とても不思議。合唱も人数が多かったせいもあるが力強く終楽章の盛り上げに貢献していた。終楽章の大団円で、ファイビオはこれ見よがしな盛り上げをせず、ごく自然に音楽に身を任せていたのが良かった様に思う。最後の終止和音が鳴った後、ファビオ・ルイージの音楽でもなく、サイトウキネンの音楽でもなく、マーラーの音楽を聴いたという印象をもたせてくれたという意味で。マーラーの復活は長い交響曲だなと思った、それは演奏の中身がが濃く充実したものだったために、聴衆も密度の高い時間を過ごしたせいだろうと思う。一線で活躍しているオペラ指揮者らしく、舞台作品として完璧なパフォーマンスという印象があった(バンダが舞台上のオーケストラとあんなに一体化した演奏というのは聴いたことが無い!)。こんなに良い演奏は滅多に聴けないだろうなと思った。音楽の深さに触れることができた演奏家だった。聴きに行って良かった。

PMFオーケストラ東京公演 ワレリー・ゲルギエフ指揮、PMFオーケストラ

PMFオーケストラ東京公演
2016.8.9(火)サントリーホール
ワレリー・ゲルギエフ指揮、PMFオーケストラ
VL:レオニダス・カヴァコス

聴いてきました。今回は指揮者を見たかったのでP席で。

 一曲目はメンデルスゾーン交響曲第4番「イタリア」。小ぶりな編成。爽やかで初々しい音がするオケ。弦は少々、芯のない軽い音に聴こえたけど、若々しさに溢れていてとても魅力的。いいよな若いって、と思いながら聴いたけれど、指揮者はこの軽やかな曲でも、常に唸り歌う様な声を発しておりました。ゲルギエフはほぼ手をヒラヒラさせている様な指揮ぶりで、主に音楽的なことに集中している印象。ビートなんかは刻まなくてもキチンと演奏できる優秀なオケって事ですね。3楽章ではキチンと三拍子の図形を描いているところがあって逆にちょっとびっくりしたけれど。

二曲目はブラームスのヴァイオリン協奏曲。カヴァコスはヨーロッパのオケとの共演の映像では見た事があったけど生で見るのは初めて。映像で見たロン毛髭面でラフなシャツを着ている怪しいオヤジという印象は、生で見ると知的で完璧な演奏をするクールなヴァイオリニストというイメージに変わってしまうから、あら不思議。この日の演奏も完璧で美しい演奏を聴かせていた(私のところからは、ホールに跳ね返ってきた音しか聴こえなかったのですが・・)。アンコールで弾いたバッハの無伴奏ソナタの緩徐楽章も美しかった。演奏後の長い沈黙の時に、あぁそうだ、今日はショスタコーヴィチの命日だったという事を思い出しました。

休憩後、ショスタコーヴィチの交響曲第8番。編成が拡大されて気がつくと、私の席はホルンのベルが直撃の模様。ホルンが強奏するとほぼ弦が吹っ飛ぶ凄い席だった。ショスタコになると、もう完全にゲルギエフワールドで、前半に聴こえたPMFっぽさはほぼ消え去り、彼が描くドラマティッックな音の世界に引きづりこまれてしまう。「見てごらんなさい。この暗い穴の中を。あなたは何が見えますか、絶望ですか?地獄ですか?幸福ですか?天国ですか?」と常に聴衆に問うてくる様な演奏とでも言ったら良いのだろうか。もう彼のつくり出す音楽は常人の域を完全に超えており、ただただ凄いとしか言いようがない。こんな音楽をつくったショスタコーヴィチも凄すぎるのだが。最後のハ長調の和音が極めて美しく響いていた(そしてそれが何故か意味ありげに聴こえる)。本当に長い沈黙のあと大きな拍手とブラボーの嵐。聴きに行ってよかった。だけど彼の描くショスタコーヴィチの音楽はなんだか恐ろしい。終演は10時というヨーロッパ時間的なコンサートのせいで帰宅は終電になってしまった。